リトルピアニストを育てましょう〜茨城県のピアノの先生のブログ〜

全日本ピアノ指導者協会会員 バスティン研究会会員 ヤマハピアノスタディ認定講師(13級~11級グレード試験官)

読譜力を徹底する

 f:id:marifujisaki:20170528044313p:image

 

音楽演奏科学者の古屋先生は、子どものころ、耳コピでピアノを弾いていたそうです。

はい‥‥私もでした(^_^;)

 

耳の力がずば抜けて良い生徒は、今度の曲はこんな感じよ〜と、私が一度通して弾くと、パパッと丸暗記?暗譜します。

まるで、のだめちゃん。

これはこれで素晴らしい能力ですが、いつか限界が訪れます。

 

古屋先生のコラム記事によると、人間の脳はいつも得意なほう、楽なほうを選択しようとするそうです。

なるほどね、処理能力の早い方法を使ったほうが効率いいもんね〜納得!!

 

私は自分の経験から、導入期の生徒に音源教材は渡しません。

ただ、曲の雰囲気は知ってほしいので、冒頭だけ聴かせて、あとは宿題にします。

音符はシール貼りや色ぬり、フラッシュカードなどで覚えさせます。子どもたちって、トーマスやプリキュアなど、似たような大勢を覚える天才ではありませんか??

お勉強だと思わせないように教えるのがコツかな笑

 

ピアノを辞めてしまう原因の多くは練習がつまらないからです。

練習がつまらないのは、読譜ができないからです。

読めて弾ければ、楽しく続けられます。弾きたい曲が溢れます。

 

もう読めるし何でも自分で弾けるから辞めます!

音楽的自立ができたら、卒業の時だと思います。