リトルピアニストを育てましょう〜茨城県のピアノの先生のブログ〜

全日本ピアノ指導者協会会員 バスティン研究会会員 ヤマハピアノスタディ認定講師(13級~11級グレード試験官)

前向きに取り組む言葉かけを

お正月が来て〜桜が咲いて〜

春✨な〜んて言ってたら、もう6月‼︎

梅雨入りしたそうですよ。

夏はもうすぐそこ‥‥早いですね💦

さて、私にはかわいい姪が2人(成人した姪も入れたら3人か💦)がいるのですが。

ある日、幼児姉妹の2人の姪は、黙々とひらがなやすうじの勉強をしていました。

プリント学習なのですが、結構な枚数です。

「えらいね、がんばってるね〜」と声をかけると、姉妹で正反対の返事が返ってきました。

長女は「やらないとママに怒られるからやってるの〜!!」と、ちょっと不機嫌。

仕方なくやっている感が伝わってきます。

一方の次女は「がんばってやると、ママが喜んでくれるからやってるの」とのこと。

前向きに取り組んでいる様子です。

どんな言葉をかけたら、喜んでピアノを弾いてくれるかな??

改めて考えさせられた出来事でした。

落ちこぼれはおいしい?

ピアノの先生同士、こんな生徒にはどんな言葉かけをしてる?とか、こんな悪い癖はどう改善させる?何か良い方法な〜い?といった指導法の相談、情報交換をすることがよくあります。

そこで私は「こうすると良いって聞きました〜」と、あれこれ発言するのですが、ある時 後輩が尋ねてきたんです。

「そんな指導法、誰先生の授業(レッスン)で学んだんですか?」と。

それで、私は答えました。

「指導のレクチャーを受けたんじゃなくて、自分自身が言われたことなんだよ」と。

私は決して才能があったわけじゃないし、

努力するタイプでもない‥‥笑

だから学生時代は落ちこぼれで、実技レッスンではかなり厳しいことを言われました。

あーでもない、こーでもない、全然進みませんでした( ̄◇ ̄;)

当時は、何でこんなこともできないんだろう?と 悩んだりもしましたが、今となっては、数え切れないほどの指摘やアドバイスは、落ちこぼれしか貰えないプレゼントだったと思っています。愛情だったと思っています。

落ちこぼれはおいしい?

最近そんなふうに思えるようになりました。

読譜力を徹底する

 f:id:marifujisaki:20170528044313p:image

 

音楽演奏科学者の古屋先生は、子どものころ、耳コピでピアノを弾いていたそうです。

はい‥‥私もでした(^_^;)

 

耳の力がずば抜けて良い生徒は、今度の曲はこんな感じよ〜と、私が一度通して弾くと、パパッと丸暗記?暗譜します。

まるで、のだめちゃん。

これはこれで素晴らしい能力ですが、いつか限界が訪れます。

 

古屋先生のコラム記事によると、人間の脳はいつも得意なほう、楽なほうを選択しようとするそうです。

なるほどね、処理能力の早い方法を使ったほうが効率いいもんね〜納得!!

 

私は自分の経験から、導入期の生徒に音源教材は渡しません。

ただ、曲の雰囲気は知ってほしいので、冒頭だけ聴かせて、あとは宿題にします。

音符はシール貼りや色ぬり、フラッシュカードなどで覚えさせます。子どもたちって、トーマスやプリキュアなど、似たような大勢を覚える天才ではありませんか??

お勉強だと思わせないように教えるのがコツかな笑

 

ピアノを辞めてしまう原因の多くは練習がつまらないからです。

練習がつまらないのは、読譜ができないからです。

読めて弾ければ、楽しく続けられます。弾きたい曲が溢れます。

 

もう読めるし何でも自分で弾けるから辞めます!

音楽的自立ができたら、卒業の時だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憧れの大人でありたい

私がピアノの先生になりたいと思ったのは、最初に個人レッスンで師事した先生の影響です。

 

いつも、おしゃれな服を着て

綺麗な長い髪、スラリとした体型で

THE ピアノの先生!ってオーラが、キラキラ眩しく感じました。

 

優しい口調だけど、しっかり導いてくださって、ピアノの面白さを知ったのもこの頃。

 

いつか、私もこういう女性になりたいと

思いました。

 

そのイメージで大人になった私は、少々バブリーな雰囲気なのかもしれませんね笑

 

どんな職業でも、子供たちに憧れられる大人でありたいです。

 

 

 

私が音大受験しなかった理由

ちょっと経歴のお話をします。

ご存知の方も多いのですが、私は大卒ではありません。

音楽以外の勉強が全然できなかったから‥‥?

それもあるかもしれませんが笑

経済的な事情です。

 

時々、親御さんに聞かれます。

「音大っていくらくらいかかるんですか?」と。

学部や専攻楽器によってちがうと思いますが、だいたい年間2〜300万円?

 

私も昔、地元のピアノの先生に同じ質問をしたら、

「私立音大は4年で1000万くらいかな。

それ以外にどんどん増える楽譜代、コンクールや演奏会に参加すれば参加費や交通費、ドレスやヘアメイク‥‥特別な先生のレッスンを受けたり留学したりを計算したら‥‥あ、でも国立なら‥‥」と衝撃的な事実に真っ青になった思い出があります。

※これは20年近く前に伺ったお話。 お答えになった先生はさらに昔のお話をしています。

それでも母は、興味のあることを勉強したらと、音楽専門学校へ入れてくれました。

専門学校とはいえ、著名な先生方の本格的なレッスン。

地元でお世話になったピアノの先生は、ご自身の大学時代の恩師を紹介してくださいました。

 

私が今、立派に??ピアノ講師になれたのは、たくさんの方々に支えられたおかげ。

どこの音大卒ですか?出てないんですね〜!?とお断りされることもけっこうあります。

でも、これわかります。

例えば家庭教師。東大卒と地方大卒の先生のどっちかと言われたら、私も東大卒を選ぶ気がしますから。

 

初対面なら尚更、学歴や見た目(目鼻立ちではなく、立ち振る舞いとか清潔感とか)で判断することは仕方ないかな。

 

それでも、選んでくださった生徒さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

愛情持って指導します。

 

 

‥‥生まれ変わったら音大行きたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンランク上の演奏のヒント

f:id:marifujisaki:20170514135722j:image

 とあるコンサートで生徒さんの演奏について全体講評、お話をさせていただきました。

 

プログラムはバッハ、ベートーヴェンモーツァルト、ブルクミュラーギロック、バスティンなど。

邦人作品も湯山昭平吉毅州、樹原涼子‥‥など、バラエティ豊かです。

 

私は初めて貰った楽譜を音を追ってすぐ弾き出す前に、楽譜全体を観察してほしいというところから話を始めました。

 

そして、タイトルや作曲家について少し考えてみる。

こんなタイトルだから、こんな世界観かな?とイメージしてみたり、ベートーヴェンならこんな音、シューマンならこんな音!と試行錯誤してみる。

 

生徒さんが、へぇ!!などと声を出して反応してくれたのは、ギロックとバッハの活躍した時代の話。

 

ギロックは私が小学生くらいの時まで、生きていました。もし生きていたら今年100歳

Σ(・□・;)

いっぽうのバッハは、もし生きていたら331、2歳Σ(・□・;)Σ(・□・;)

 

ピアノの誕生する前に活躍していたバッハと、最近まで生きていたギロックギロックはアメリカ人ですからミッキーマウスを知っていたかもしれませんね。

 

こんなふうに作曲家の生きた時代や人物像を理解して演奏すると、より表現に磨きがかかるかと思います。

 

と、こんなお話をしてきました。

 

小さな生徒さんなら、タイトルや挿絵からイメージしたものをこんな音で弾いてみたい!とか、何調?何拍子?とか、楽譜から宝さがしできますよね??

 

ぜひ楽譜の向こう側の世界にも、目を向けてみて下さいね😀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちにピアノ、ありますか?

4月ももうすぐおしまい。

新入会の生徒さん、レッスンには慣れてきましたか?

まずは先生と!音楽と‼︎ピアノと‼︎‼︎仲良くなるところから始めましょう

・'(*゚▽゚*)'・

ところで、おうちにピアノはありますか?

まだ始めたばかりだし??

お子さんの成長は早いですよ。

大人が初めてピアノを習うのと比べたら、子どもはあっという間にたくさんのことを吸収、習得してしまいます。

 

楽器や楽譜、チケット等の購入でお世話になっているヤマハつくば店さん。

‥‥と言うよりは、以前の勤務先、、、

私がピアノの販売員をしていたころと、グランドピアノは大きくモデルチェンジがありまして。もう4、5年くらいになるのかな?

偶然再会したヤマハピアノのプロ、先輩営業さんが仰っていました。

ピアノの良し悪しは、小さな音(pp ピアニッシモ)をどれだけ表現できるかだと。

ホールの一番後ろまで響く、ピアニッシモの音は、やはり弦の長さ(奥行き)で変わります。

 

フルコンサートのグランドピアノは奥行き3メートル近くあります。

コンクールで上位入賞を目指すような生徒さんは、おうちでも185、6〜200㎝クラスのものが理想的ですね。現行モデル、音の広がり方が素晴らしかったです‼︎ 

 

弾き手の意のままの音、表情豊かな響きを求めるなら、絶対にグランドピアノ、またはアップライトピアノが良いんです。

 

1オクターブ未満のキーボード?

テーブルに置けるマイクのついたピアノはおもちゃですよ!!

 

週に1回、私のところに来ただけでは上手くなりません!!

おうちでの練習が絶対必要です。

 

スイミングを始めたから、自宅にプールを準備は例外として‥‥

習いごと全て、道具は揃えましょう。

よろしくお願いいたしますm(_ _)m